RUDEBOY ANTHEM Blog〜ROYAL BUSTER〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Bad manners ジャパンツアー日記vo.4 21:31
 

6/9〜12まで行われたBAD MANNERSジャパンツアーに、サポートメンバーとして参加したのでツアーレポを小出しであげています。

久しぶりの更新だ。以前の日記を読んでない人、Vo.1は6/23、vo.2は7/4、vo.3は7/15にアップ済み。

見ていない人はcheck it !!

 

 

ここは町田。前日にツアー1発目のライブを終えてガッツリ飲んで、ホテルに泊まった。

やはりいつもの癖で朝6時に目が覚める。

集合はロビーに8時。7時半に風呂に入れば間に合うからそれまで二度寝ができた。

 

8時ジャストにロビーに着くと昨日と同じ様に、みんな集まっていた。今日も俺が一番最後だ。

でもバスターだけいない。Ska in the worldakira氏に聞くと、既にチェックアウトして、散歩してるようだ。

Big boss baster、いや、バスターおじいちゃんは朝が早い。

 

ホテルに泊まったオイスカの1部メンバーと我々は、昨日の戦場であるライブハウスnuttyに機材を取りに行く。

トボトボ歩いていると、遠くに一人のデカいオイチャンが見えた。

バスターだって直ぐにわかったけど、地域住民や歩行者、小学生にグモニンと声をかけまくる姿はどうみても

「おはようオジサン」にしか見えない。

 

「バスター!」と遠くから手を振ると笑顔で振りかえす、そしてデカい声で「グモニン!!!」。

まさに「おはようオジサン」。

 

さて、Nuttyは閉まっている。ここのカギはオーナーでもあるオイスカのシムさんが持っているんだが、その場にまだシムさんは来ていない。寝不足の一同は待ちぼうけ。

オイスカヒロシさんはデカいパンとコーラをペロリとたいあげる。

呆れた目で見ていると「何か文句あんのか?」と。文句はありまへん。

 

続々とオイスカメンバーが集まり、シムオーナーも到着。

全員機材を車に詰め始める。外人組は昨日着たシャツ(ビッショリ)を自分の機材の上にかけたり、座席にかける。

グムムム、きたねえな。

バスターの豹柄ジャケットが車内で存在感ありすぎて笑えた。

 

さて出発。

 

ちなみにこの豹柄のジャケット、パンツもあってセットアップになっている。

「これイギリスで買ったの?」って聞いたら「そうだ。国内にあるタンザニアのウェディング衣装屋で買った」と。

これを着こなせるのはバスターくらいだ。

「大阪に行けばこんなシャツ着たおばちゃんに会えるぞ」って言ったら「そりゃ楽しみだ」って言ってた。

 

さて、バッドマナーズを乗せた車は大阪へ移動。車内で流れるレゲエミュージックが心地よい。

寝不足なんだけど、酒は残っていないから気分がいい。

 

出会って3日も経過すると、メンバー全員と打ち解けてくるもんだ。

それぞれ自分のビジネスカードを渡したり、自分の息子の写メを見せたり、歩いている可愛い娘を指さして

あーだこーだ言ったり。こういうのもツアーの醍醐味だ。

 

そういえば、同じ時期にラストリゾートが来日ツアーをやっていたのだ。

スケジュールが合えば見たかったけどダメだった。残念。

車の中にそのフライヤーがあって、バスターに見せたら興奮していた。少し知り合いみたいだ。

 

前の日かな、一緒にツアーを回っていたクラブスカのboboが以前にスペシャルズのテリーホールと一緒に撮った写真を

バスターに見せていた。俺もその写真を見たけど、現在のテリーは見た目も雰囲気も丸くなっていて笑顔だった。

スペシャルズのファーストアルバムのジャケに移っているあのクマなんか無いんだ。

それを見てバスターは「昔はこんなんじゃなかったぞ。社交性なんか全然なくていつも一人でブツブツいいながら歩いていた」と。

時代を生き抜いてきた人間の証言だ。スゲエ。

 

そんなこんなで休憩のサービスエリアに到着。少し遅めの朝ご飯だ。

券売機にバスターと並んだ。「日本食好きなの?」と俺。「ミソスープはあるか?」とバスター。「あるよ、これだよ」と俺。

「サイズは?」「小さいよ」「ミディアムは無いのか?」「これミディアムだよ」と豚汁を勧める。「おー良いね!」と。

俺もガッツリ食う気分でもなかったから豚汁を注文。

 

他の外人らはみんなカレーうどんを食う。「足りない、何かスパイスないのか?」とビンゴとエイズ。

「これジャパニーズスパイスだ」って七味唐辛子を渡した。ドバッってかける。おいおいかけすぎだろ。

「足りない」と言ってまだかける。さらにまだかける。

イタズラ心で蓋を取ってビンゴに渡す。「おー良いね!」って言いながらさらにかける。

もうメニューは「カレー風味の七味唐辛子うどん」だ。

 

バスターはさっさと豚汁を食ってサービスエリアを散歩している。

遠くから見てもバスターの存在感は凄い。ここでも「おはようオジサン」になってる。

 

ベンチに座って同じサポートのキーボードlittle masta氏と話した。

彼はblue beat playersのメンバーで、今は亡きローレルエイトキンのジャパンツアーでバックバンドを経験している。

その時は前日リハーサル無し。数か所のツアーをやったけど、かなり手さぐりだったらしい。

今回のツアーは安心できるって言ってた。

blue beat playersは個人的にも大ファンだから、この人とツアーを回っているだけでも興奮した。

 

さあ出発。バッドマナーズ号は大阪へ爆進。

 

車内でバスターはサービスエリアで買ったイカ焼きをほうばる。バスターはイカが好きらしい。

そして「さあお前ら食え」と言わんばかりにパックに入ったイチゴを俺らにくれる。ボスのお出ましだ。

「バスターにイチゴを食わせてもらった」これ自慢話になるよね。

 

そんなこんなで大阪に到着。アメリカ村に入って、そろそろ到着って時にバスターがいきなり騒ぎ出す。

「あった!あったぞ!おいアキラ、止めてくれ!俺は降りてあの店に行くからよろしくな!」

みたいな事を言って一人車を降りるバスター。

まあ、ライブハウスはすぐそこだしいいかって事でバスターを置いていく。

 

よ〜くお店を見ると、豹柄のハーフパンツが売っていた。

そういえばツアー前日のリハーサルで、トランペットのYUJIが履いていた豹柄のハーフパンツを見たバスターが

「いいなそれ、欲しいぞ」って言っていたんだ。

それを見つけての大興奮。ああ、なるほどね。

 

さてライブハウス入り。

大阪アメリカ村にあるパンゲア。最近できたライブハウスで、凄いきれいだった。

上の階にビジュアル系の服屋があってやや気になった。

 

今日はここまで。次回大阪ライブ+楽しい打ち上げ編。

 

写真はサービスエリアで黄昏るバスター。

 

| - | comments(0) | - | posted by TSUJICCI -
スポンサーサイト 21:31
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>