RUDEBOY ANTHEM Blog〜ROYAL BUSTER〜

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Bad manners ジャパンツアー日記 22:53

6/8
午前中だけ仕事をして、ツアーの支度をする。4連ちゃんのライブは初めてだから荷作りに少し困った。

昼過ぎの電車で向かうは代々木のスタジオstep way。次の日から始まるツアーの為のリハーサルだ。

このスタジオは昔在籍していたバンドRIDDIMATERS1stアルバムをレコーディングした場所で、個人的にも思い入れはタップリあるのだ。

16時代々木に到着。腹が減っていたけど、この後5時間も吹き続けるから満腹にはなりたくなかった。

駅前でうどんを食べて、隣のカフェでコーヒーを飲んで時間を潰す。

珍しく緊張していたな。

 

17時5分前にスタジオに入ると、既にバスター以外のメンバーが集まっていた。

バスターはお疲れで少し休んでからスタジオ入りすると。

同じ日本人枠のサポートメンバー含め、全員と握手をする。ほとんどが初対面で、緊張感が漂う。こんな雰囲気も楽しい。

 

今回のツアー、Bad mannersのメンバーはボーカル、サックス、ベース、ドラムだけ。

このメンバーでワールドツアーを回っているようだ。母国イングランドじゃわからないけど。

各国でその国のミュージシャンを使ってライブをやっている。今回僕はそれに選ばれた訳だ。

 

Bad mannersのメンバーはサックスのエイドリアン、ベースのリー、ドラムのビンゴ。ボーカルのバスターは言わなくても知ってるでしょ?

彼らは前日までアメリカでツアーをしていて、移動の疲れで少しグッタリしていた。「疲れてる?」って聞くと「ちょっとね、でも大丈夫だよ」と

ビンゴがお菓子を食いながら言う。典型的な陽気な外人だ。

リーは少し神経質で無口。エイドリアンは大人しめでオタクっぽい感じ。

でもこのツアーで一番「バカ外人ぶり」を発揮するのはエイドリアン。乞うご期待。

 

アメリカツアーは滞在が約50日。オフが5日でそれ以外は全部ライブをしていたようだ。

10回ライブやって1日休み。ジャパンツアーが終わったらオーストラリア、ロシアと続いて一旦イギリスに帰ってまたすぐツアーで出るらしい。タフだ。

 

エイドリアンは7年、リーは10年間メンバーとしてプレイしているそうだ。

ビンゴは日は浅いけど、何年か前のsummer sonicspecial beatのメンバーとして来日している。

 

サポートメンバーは以下。

トランペットはzoot16からyuji君。今回の最年少、演奏はかなり上手だ。

ギターは名古屋のスキンズkento君。彼の事は後で書こう。

キーボードはlittle mastaさん。Blue beat playersv&40での演奏は俺自身よく見ていて個人的に大ファンだった。

そして今回のオーガナイザー、ska in the worldakira氏。彼とは10年以上の付き合いだ。

 

セッティングを終えて、事前にメンバーからもらっていた音源の27曲を確認する。

細かいアレンジの確認をしながらで、楽譜は無く、サポートメンバーは完全に耳コピだから少し時間がかかった。

一通り曲を通す前にバスターが到着!「ヤアみんな元気か!よろしくな!」みたいな事を言っていた。

一気にスタジオの空気が変わった。さっきとは比べものにならない位の緊張感。

でも彼の笑顔にはその場をピースにする力がある。まさにビッグボスだ。

残りの曲を確認した後少し休憩。トイレでエイドリアンとすれ違った時、「お前、良いソロ吹くな!」って言われる。

正直嬉しかった。

この後、残り時間を見てバスターがピックアップした曲を5,6曲だけ合わせる。

バスターと一緒の演奏。緊張はしたけど、懐かしい曲ばかりだから楽しかった。

嗚呼、明日からツアーが始まるんだって思ったら興奮してきた。

これでリハは終了。結局通し練習は無し。少しの不安と期待を感じていた。

 

片づけを済ませると簡単な写真撮影をした。もちろん個人的にも撮った。これは大切な思い出。(写真参照)

 

メンバーと僕とkentoはホテルへ移動。他は東京在住なので帰宅。

メンバーは飯も食わず眠い眠いと言いながら部屋に入っていった。相当疲れていたようだ。

このまま寝てもつまらないから、僕とkentoと彼の友人(アメリカ人)と飲みに行く。

その友人は元red hot rockin hoodのメンバーだったこともあるらしい。

外見は普通の外人だが、skinsの魂を持っていた熱い男だ。彼は終電で帰り、kentoと二人で飲む。

彼は同い年で、名古屋の共通の仲間がたくさんいた。軽く飲むつもりが2時過ぎまでガッツリ飲んだ。

 

いい気分でホテルにかえり、kentoと固い握手をしてこの日は就寝。

さあ明日からツアーが始まる。興奮していたけど、疲れていたからすぐ眠ってしまった。

 

次回はジャパンツアー初日@東京町田NUTTY

 
110608_2202~01.jpg

| - | comments(0) | - | posted by TSUJICCI -
スポンサーサイト 22:53
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>